オクトス・アルパインテント設営手順

oxtos アルパインテント 設営手順.pdf

オクトス・アルパインテント設営手順です

商品はこちら→

アルパインテントの取り扱いについて

1)フレーム折損時の応急処置について

強風等でフレームが万一折損した場合には付属のリペアチューブ(11φの短いパイプ)を
折損箇所に被せてビニールテープ等で巻き、固定してください。

その際下記図のように先端にはエンドキャップが装着されおりますので、スクリュー式のンドキャップを外し、ゴムの結び目を解いてリペアチューブを被せます。

※結び目を解く際にはゴムの先端をしっかりと押さえてください。

2)フレームの交換について

フレームは3種類から構成されております。
① ジョイント付き末端フレーム 1本
② ジョイント付き中間フレーム 9本(1人用 8本)
③ ジョイント無し末端フレーム 1本
万一折損してしまった場合には、図の番号と何人用かをご連絡下さい。

① ジョイント付き末端フレーム
② ジョイント付き中間フレーム
③ ジョイント無し末端フレーム

交換方法は折損箇所に近い方のポールエンドキャップを外し、ポールを抜き取ります。
折損箇所の交換が終わりましたら、ゴムを強く引っ張りながら、フレームを通し直して、エンドキャップにゴムを結んで完了です。

折損箇所より後ろのフレーム部分までのゴムを強く引っ張り、割り箸などに仮止めしておくと作業がしやすくなります。

3)破れなどの補修について

当方には縫製機械(ミシンやシームテープ溶着機等)がございますので、万一破れなどの発生した場合には修理が可能です。
縫製不良などによる初期不良につきましては、無償にて修理をさせていただきます。
初期不良以外の修理につきましては、メールの貼付ファイル等で写真をお送りいただけましたら、お見積もりをさせていただきます。

4)糸やテープの色移行について

テープやテープなど縫製に使用しております黒い糸の色が密着状態で生地に移行することがございます。
どうしても避けられない性質ですので予めご了承下さい。

フレームの修理手順

関連商品