シュラフカバーの必要性は?

◇目次◇

1.シュラフカバーの必要性は?

2.シュラフカバーの拡張性

3.まとめ

1.シュラフカバーの必要性は?


いつもオクトスブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「シュラフカバーの必要性」について
書かせていただきます。

まずは「シュラフカバー」とは、
一体何者なのかということですね(^^♪

実は...その名の通り「シュラフカバー」とは...
「シュラフ」「カバー」なんです!(^^)!笑

こんな感じです↓↓

 
「シュラフ」には「ダウン」が入っており、
この「ダウン」が濡れると性能(保温力や復元力)が...
「Down(ダウン)」しちゃうんです(>_<) 

中には撥水加工を施した「ダウン」が封入されている
「シュラフ」も存在しますが、吸水しにくいダウンというだけで
シュラフ内の水蒸気が軽減されるわけではありません。

出来れば「シュラフ」は濡らしたくないアイテムですよね('ω')ノ 

「シュラフカバー」を併用することにより、
更なる保温力のアップが見込まれます。
そしてテント内の結露やテント底部からの
浸水等の「外側」からの濡れを防いでくれます。
なんとも優れものなんです(^^)/
 
しかし、メリットがあれば、デメリットも付き物です(*_*)
そんなに甘くないんです( 一一) 

先日、「生地」の「記事」を書かせていただきました(*'▽')笑 
はい...またやりました(>_<) 

「耐水圧・透湿性・撥水・防水とは?」という記事を
ご参考にしていただければ、わかりやすいかと存じます。 

人は安静時でも1時間あたりに「約50g」の汗をかきます。
寝ていても出ちゃっているんですよ(;・∀・) 

どれだけ透湿性能の高い生地を使用している「シュラフ」と
「シュラフカバー」を併用しても、

シュラフ内生地ダウンシュラフ外生地シュラフカバー生地

というなんとも湿気が脱げにくい「方程式」が
出来上がってしまうのです(=_=) 

透湿性の高いスペックを持った「シュラフ」「シュラフカバー」
であれば、ある程度は、濡れを回避できるかと思いますが、
「耐水圧」「透湿性」に特化した 「ゴアテックス」を
使用しても濡れるときは濡れます(>_<)  

自分の汗で「シュラフ」「ダウン」「シュラフカバー」を
「内側」から濡らしてしまう危険な匂いが
プンプンしてきますね( ;∀;) 

もちろん、人一倍汗っかきの私は後者の
「内側」から濡らすパターンです( `ー´)ノ 

2.シュラフカバーの拡張性

シュラフカバーは単体でも使用できます。

夏場のテント泊で単体で使用される方も
多いのではないでしょうか。
また、非常時のビバークサックとしても使用できます。

体感温度や着衣、テント内の人数、就寝場所等にもよりますが、
10℃前後までシュラフカバー単体で就寝が可能です。

山行荷物から「シュラフ」を省けたら、
相当負担が少なくなります。

代わりにビール5本くらい持っていけちゃいます(>_<)

3.まとめ

テント内の結露やテント底部からの浸水の可能性がある場合は、
シュラフカバーを併用し、就寝時に蒸れを感じる際には、
サイドジッパーを開けて湿気を外へ逃がすことを
おすすめします。
また吸水性の高い着衣で就寝することで、内側からシュラフを
濡らすことを防ぐことが出来ます。
テント内の結露やテント底部からの浸水の心配がない場合は、
思い切ってシュラフカバーを併用せずに使用することを
おすすめします。

 

 

ライタープロフィール

林 郁範 (はやし ふみのり) 
株式会社 オクトス 代表取締役 

北海道に生まれ、高校から山岳部に入部し、
大学でも山岳部に在籍。 
登山用品販売会社でザックやテントなどの製造に携わり、
1999年にオクトスを創業。
 自分がほしいものを作っているだけ。
 同じようにほしいと思ってくれる人がいるはず。