テントとツェルトの違い

1.テントとツェルトの違い

2.テントの種類と分類

3.ツェルトの拡張性

4.性能比較

 

1.テントとツェルトの違い

 

<山岳用テント>

<ツェルト>

 

テントとツェルトって何が違うの?

「テント」は英語、「ツェルト」はドイツ語だそうです。
どちらも「テント」という意味合いだそうです。

ということは…どちらも同じ?

軽量でコンパクトになり、どのような山行でも携行すべき装備である緊急時用のテントを「ツェルト」と呼び、
泊りで山行に持っていくテントをその名の通り、「テント」と区別しているようです。

「テント」

主に泊りでの山行に携行する装備。

キャンプ用テントとは違い、山岳用テントはザックに入れて山行時に携行する装備ですので、
軽量かつ、コンパクトになるものが一般的です。

また、山岳用テントは山特有の雨風に対応する設計がなされております。
山の上では荒天となることもあり、テントが一晩中雨風にさらされることもあります。
そんな状況に対応できるものを「山岳テント」と呼びます。

山岳用テントには、大きく分類すると「ダブルウォールテント」「シングルウォールテント」の
2種類存在します。

「ツェルト」

主に日帰り、泊りの登山に関係なく、常に携行すべき緊急時用装備。

万一のビバークにより、身動きがとれないなどといった緊急時に被ったり、
余裕があれば、トレッキングポールとガイライン(張り綱)を用いて設営し、
テントのような室内空間を作ることも可能な頼もしい道具。
最近では軽量化を重視し、テントを持たずにツェルトのみで泊りの山行へ行く方もいらっしゃるようです。
「ツェルト泊」というやつですね。

簡易さゆえに居住性や荒天時の対応能力では、テントに及ばないようです。
メリットがあれば、デメリットも当然付き物ですね。

 

 

2.テントの種類と分類

<ダブルウォールテント> <シングルウォールテント>

<冬用外張り(ダブルウォール専用)>

 

・ダブルウォールテント

山岳用テントには、「3シーズン用」と「オールシーズン用」が存在します。
3シーズン用は、オプションで冬用の外張りがないタイプ。
オールシーズン用は、オプションで冬用の外張りがあるタイプ。

・冬用外張りとは…
冬用外張り(スノーフライ)と3シーズンで使用するフライシートとの違いは「通気性」の有無です。
フライシートには、防水の為に裏面にウレタンコーティングが施されており「通気性」はありません。
冬用外張りには、撥水加工は施されておりますが、防水のウレタンコーティングは施されておりませんので、
「通気性」があります。
「通気性」の無いフライシートを0℃以下の状態で使用すると、テント内の水蒸気がフライシートの外側に排出されず、
フライシート内側で水蒸気が結露し氷結します。
「通気性」のある冬用外張りを使用すると、テント内の水蒸気は外張り全体から排出される為、
内側の結露が発生しにくくなります。

・冬用外張りの使用条件
降雨の心配が無い、0℃以下の状況が条件です。

 

・シングルウォールテントについて

商品の製作にあたり、自分自身で欲しいものがコンセプトでした。

自分で山に行くときの条件
単独や気心のしれた山仲間と行く場合、まず雨が予想される際には中止するか、
天気の良さそうな日に日程をずらす。
冬を除くスリーシーズンで好天限定であれば、ダブルウォールは不要。
そんな条件で製作した製品です。

多少の結露は覚悟しても重量1キロでコンパクトなテントは背負うザックも
小型にできるので、加齢に伴う体力不足を軽量化することにより補う。

万一の雨に備えて軽量のタープを併用することにより、約1300gで雨に
対してはダブルウォールのテントよりも快適になる。

シングルウォールテントのみでオールシーズンに対応は出来ませんので、
既に快適なダブルウォールのテントを持っていて、晴天が見込まれる山行で荷物を軽くしたいユーザーにおすすめです。

3.ツェルトの拡張性

<ツェルト>

<タープ併用>

 

本来の用途は、非常時に被って使用する道具ですが、トレッキングポールや張り綱、ペグなどを用いて

テントのように設営して使用することが可能です。

それに加え、タープを併用することで防水性を高めることも可能です。

4.性能比較

 

 

 

ライタープロフィール

林 郁範 (はやし ふみのり) 
株式会社 オクトス 代表取締役 

北海道に生まれ、高校から山岳部に入部し、
大学でも山岳部に在籍。 
登山用品販売会社でザックやテントなどの製造に携わり、
1999年にオクトスを創業。
 自分がほしいものを作っているだけ。
 同じようにほしいと思ってくれる人がいるはず。